蜂駆除退治 春日井市

蜂駆除退治を春日井市でしている庭師です。


春日井市でアシナガバチやスズメバチの蜂の巣で困った時は相談受け付けています。

庭のお手入れをしていると春から秋にかけて蜂の巣駆除もしてほしいと相談をされます。

特に木の事は詳しいので春日井市で木の中に隠れた蜂の巣駆除はお任せ下さい。


蜂の巣を発見したら近寄らず、お電話下さい!

0120-280-282

アシナガバチの駆除料金 7000円~ 別途消費税 大きさや個数、駆除剤代で変わります。

スズメバチの駆除料金 13000円~ 別途消費税 大きさや個数、駆除剤代で変わります。

蜂は春から秋まで活動しています。春に発見した頃は小さい巣でも

時間が経つにつれ大きくなってきます!

蜂の巣を発見したら早急な対処をしましょう。

蜂は駆除したほうがいい?蜂駆除の必要性と駆除の方法

蜂はとても危険です。

特にスズメバチやアシナガバチなどは、人間を刺して攻撃してきます。

スズメバチはアシナガバチよりも攻撃性が高く、近づくだけで攻撃してきます。

アシナガバチは飛んでいる時はおとなしいですが、巣を触ってしまったり、巣に衝撃が加わると襲ってくることがあります。

蜂の巣や蜂を発見した時はそのまま見守るほうがいいのでしょうか?

それとも駆除したほうがいいのでしょうか?

では、今回は蜂の駆除の必要性について紹介していきます。

蜂は駆除の必要性

蜂は駆除したほうがいいのでしょうか?

結果から言うと、蜂は発見したら駆除したほうがいいでしょう。

蜂をそのまま放置しておくと、スズメバチは人が近くにいるだけで攻撃してきますし、アシナガバチは知らずに巣に衝撃を与えてしまうと攻撃してくるので、すぐに駆除したほうがいいのです。

特に子どもがいる家庭では子どもは知らずのうちに蜂の巣に触れてしまったり、近づいてしまうことがあるので、そうなる前に駆除する必要性があります。

よく、自分で蜂の駆除をしようとする人がいるのですが、それはやめてください。

蜂の駆除のプロであれば蜂の駆除についてとても詳しいですし、蜂に刺されたときの対処法もはっきりとわかっているので安心してお任せすることができるので、プロに依頼するのが確実でしょう。

プロの蜂の駆除の方法

蜂の駆除のプロが蜂の駆除を行う場合、しっかりと準備を行ってから駆除をスタートします。

蜂に刺されないように防護服を着用します。

そして、蜂の駆除スプレーを大量に用意し、それを蜂が弱るまで撒いていきます。

蜂の動きがある程度鈍くなって来たら、巣を駆除していくのです。

蜂は昼間は動きが活発的なので、蜂の動きが鈍い朝や夕方などにこの蜂の駆除作業を行なってくれます。

急いでいる場合などは、相談すれば見積もりした後に駆除してもらうこともできます。

蜂の巣がどこにあるかわからないけど、蜂があちこちにいるというような場合であっても、蜂の巣の場所をしっかりと特定し、蜂の巣の駆除まで行いますのでご安心ください。

蜂を駆除するならプロに依頼!自分でやらないようしよう!

今回は蜂の駆除の必要性について紹介してきました。

蜂の駆除を行わなくては、蜂にこちらから攻撃していなかったとしても、刺されてしまう可能性もあります。

なので、蜂の駆除は必要になってきます。

蜂の駆除を行う場合は、自分で駆除するのは危険なので、プロに依頼するようにしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。


蜂の種類によって危険な蜂もいる!蜂の危険性について紹介!

蜂は冬以外は活動していますが、特に夏から秋にかけて活発的になります。

実は日本には4000種類以上もの蜂が存在しているのです。

蜂の種類によっては、人間を攻撃するものもいます。

山や川などにいるだけでなく、自宅の屋根に巣を作ったり、地面に巣を作るという蜂もいるので、子どもがいる家庭は特に注意が必要です。

では、今回は危険な蜂の種類や蜂の危険性について紹介していきます。

危険な蜂ってどんな蜂?

冒頭でも紹介したように、日本には4000種類異常の蜂が存在しています。

その全てが危険な蜂というわけではありません。

ごく一部の蜂が危険なのです。

では、危険な蜂について紹介していきます。

・オオスズメバチ

・キイロスズメバチ

・モンスズメバチ

・チャイロスズメバチ

・ツマグロスズメバチ

・ツマアカスズメバチ

・コガタスズメバチ

・ヒメスズメバチ

・クロスズメバチ

・アシナガバチ

これらが特に危険な蜂です。

蜂の危険性!

上記で紹介した蜂はとても危険です。

どれほど危険なのでしょうか?

では、蜂の危険性について紹介していきます。

<スズメバチ>

スズメバチは巣の近くを人間が通っただけで襲ってきます。

スズメバチの毒は「毒のカクテル」と呼ばれています。

刺す攻撃だけでなく、毒を霧のように巻き散らかすという攻撃もします。

なので、目に入った時は失明する可能性もあるので注意しましょう。

スズメバチは毒があればずっと刺し続けてきますし、集団に襲われたらとても危険です。

<アシナガバチ>

スズメバチよりもおとなしい蜂です。

しかし、こちらから巣に近づいたり、いたずら半分で追いかけたりすると攻撃してくるので注意しましょう。

アシナガバチは目立たない場所に巣を作ることが多いため、発見されにくいですし、巣を駆除してもまた同じところに作ることもあります。

なので、しっかりとした対策が必要です。

蜂は早めにプロに駆除してもらおう!

今回は危険な蜂の種類や蜂の危険性について紹介してきました。

蜂は4000種類以上もの種類が存在します。

その種類によってはとても危険な蜂もいるのです。

自宅の屋根や自宅近くの地面などに巣を作って潜んでいる場合もあります。

こちらから攻撃しなくても、巣に近づくだけで攻撃をしてくる場合もあるので、

子どもがいる家庭では特に注意が必要です。

蜂を見つけたら、自分で駆除するのは危険なので、自分で駆除しようとするのではなく、プロに依頼して駆除してもらうようにしましょう。